【定番】洋長3封筒ってどんな封筒?《その2》

【定番】A4三つ折りがすっぽり入る洋長3封筒

 

洋長3封筒ってどんな封筒?

 

タテ120mm×ヨコ235mmサイズの、

A4三つ折りがすっぽり入る、長3封筒と同じサイズの洋型封筒。

 

ハガキや写真を折らずにそのまま入れることができます。

また書類送付やダイレクトメール、招待状など

幅広い用途で活躍する定番封筒でございます。

 

 

1、郵便番号枠も印刷した透けない封筒をご紹介

洋長3封筒

洋長3封筒にも〒枠ありの封筒はあるのですが、

残念ながら〒枠は朱赤で封筒右側に縦で印刷されてしまいます。

これでは印刷は横向き、〒枠は縦向きと、

それぞれ向きがバラバラになってしまいますよね。

そのため、こちらの封筒のように、〒枠なし封筒を選択して、

〒枠もデータとしてご入稿いただく必要性がございます。

ちょっと面倒にも聞こえるかもしれませんが、

印刷位置も刷色も設定可能ですので、

印刷内容と向きを揃えたり、同色で印刷したりすれば、一体感が出ますよ。

※【種類:透けない封筒(ケント)、刷色:スミ】

 

 

2、フルカラー印刷した白封筒をご紹介

洋長3封筒

フルカラーで印刷すると、

料金はぐっと上がりますが、金額に比例して表現の幅やクオリティーも

格段にアップいたします。

こちらの封筒は、建物の画像が印刷されておりますが、

単色、もしくは2色刷りではここまで繊細な色合いは出せません。

やはりこういった写真画像はフルカラーで印刷するからこそ、

価値があるというものですね。

フルカラー印刷することで、開封率もアップいたします。

DMや商品案内、イベント等への招待状の封入をお考えのお客様、

ぜひフルカラー印刷もご検討くださいませ。

※【種類:白封筒(ケント)、刷色:フルカラー】

 

 

3、可愛いイラストがたくさん印刷されたクラフト封筒をご紹介

洋長3封筒

こちらの封筒、クラフト封筒に黒刷りとシンプルな組み合わせなのですが、

可愛いクマのイラストがたくさん印刷されておりますね。

文章だけだと堅い印象になりがちな仕様でも、

イラストを印刷することで、親しみのある、ほんわかした、

開封前から楽しい気分になる封筒になりました。

クラフト封筒は黒刷りが映える封筒ですので、

こういったデザインが重要になってまいります。

ちょっとデザインを工夫するだけで、

会社の雰囲気がよく伝わる封筒に仕上げることができますよ。

※【種類:クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

4、情報をいっぱい詰め込んだカラー封筒をご紹介

洋長3封筒

こちらの封筒、

大きなロゴと縦向きに印刷された社名部分が目を引きますね。

完全データ入稿での作成ならば、縦向き、横向きが混ざったものでも、

ロゴをドンと大きく配置したものでも作成可能でございます。

デザインだけを見ると圧が強すぎる封筒になってしまいますが、

紺系の刷色を使用して色味を抑えることで、

目立つけど目立ち好きない封筒に落ち着きました。

封筒は、デザイン・紙色・刷色が合わさって完成いたします。

素敵な組み合わせを発見してみてはいかがでしょうか。

※【種類:カラー封筒(グレー)、刷色:DIC426】

 

 

5、背景のロゴが印象的なクラフト封筒をご紹介

洋長3封筒

こちらの封筒、左下の白抜きのロゴとは別に、

右側に大きくロゴの文字のみが印刷されております。

茶系の刷色で印刷されているため、存在感はありつつも、

主張しすぎず綺麗に紙色に馴染んでいますね。

せっかくオリジナルで作成なら、

市販品にはないデザインにしたいものです。

完全データ入稿ならば、複雑なデザインでも、シンプルなデザインでも

どんなものでも作成可能でございます。

クラフト封筒は用途を問わず、

様々なシーンでご使用いただける使い勝手のいい封筒。

デザインで勝負!腕の見せ所ですね。

※【種類:クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ、茶】

 

 

6、2色刷りした透けない封筒をご紹介

洋長3封筒

こちらの封筒は青とピンクの2色の特色を使用して印刷いたしました。

ピンクのワンポイントが映えますね。

2色刷り印刷を行う場合の最も重要なことは、

どの部分をどの色で印刷するかということ。

せっかく素敵なデザインをご用意いただいても、

色を逆にしてしまっては意味がありませんよね。

データはかならず2色で作成いただき、

この色はこの色の置き換えるとご指示ください。

※印刷色で作成する必要はございません。

きっちり指定することで、イメージ通りの封筒に仕上がりますよ。

※【種類:透けない封筒(ケント)、刷色:DIC255、DIC648】

この記事を読んだ方にオススメ