【定番】長3封筒ってどんな封筒?《その1》

【定番】A4三つ折りがすっぽり入る長3封筒

 

 

長3封筒ってどんな封筒?

 

タテ235mm×ヨコ120mmのサイズの封筒。

A4用紙(297mm×210mm)の三つ折りがすっぽり入るサイズでございます。

ハガキや写真を折り曲げずにそのまま入れることもできます。

請求書やダイレクトメールの送付など幅広くご使用いただける定番封筒です。

 

 

1、データ入稿なしで仕上げたパステル封筒をご紹介

長3封筒

『封筒はデータがないと作成できない』

そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はテンプレート使用して作成方法もありますよ。

【仕様を決定して、デザインを選択、印刷する会社情報を入力する】

たったこれだけ、20分もあれば見積もりから注文まで全て完了です。

会社情報もどの項目をどんな書体で印刷するか設定できますし、

ご希望の方にはロゴも追加印刷することも可能となっております。

封筒作成は何も難しいものではございません。

どなた様も簡単に封筒が作成できますよ。

※【種類:パステル封筒(サクラ)、刷色:スミ】

 

 

2、テンプレートからデザインを選択したパステル封筒をご紹介

長3封筒

簡単に手間なく社名入りの封筒を作成したい。

そんな方にはあっという間に注文完了の

お手軽な名入れ封筒をオススメいたします。

名入れ封筒は、あらかじめご用意しておりますテンプレートから

お好きなデザインを選択、そこに会社情報を印刷するという作成方法。

データ入稿不要なところが一番の魅力でございます。

封筒のサイズや種類といった仕様も選択可能ですし、

書体や項目、印刷位置も微調整できますので、

他社様とかぶることはありません。

どの封筒を選択しても、素敵な封筒に仕上がりますよ。

※【種類:パステル封筒(オレンジ)、刷色:スミ】

 

 

3、ふた印刷をした白封筒をご紹介

長3封筒

長3封筒はふた部分も立派な印刷可能範囲でございます。

通常、封筒印刷といえば表面のみと思われるかもしれませんが、

実はここにも印刷できちゃうんですよ。

もちろん、表面に比べると印刷範囲がぐっと狭くなるため、

多くの情報を詰め込んで印刷することには向いておりません。

でも、ロゴ印刷なら話は別でございます!

逆にロゴだけをふた中央に印刷することで、

開封時により印象に残る封筒に仕上がりますよ。

ふた印刷は、別途お見積もり案件となりますので、

ご希望の方はご遠慮なくお申し付けくださいませ。

※【種類:白封筒(ケント)、刷色:DIC541、DIC255】

 

 

4、同色系でまとめたカラー封筒をご紹介

長3封筒

カラー封筒は、ビビットな色合いが特徴の存在感がある封筒ですので、

他の書類に紛れることなくすぐに見つけ出せる、

『あの会社の封筒』と認識されやすくなるといった利点がございます。

こちらの封筒、グリーンの紙色に緑の刷色と

色合いを統一して作成した封筒でございます。

紙色と刷色を同色でまとめることで相性が良くなり、

紙色と刷色が馴染む仕上がりとなりました。

刷色は黒を基本に、DIC番号でのご指定や、

色見本の再現でも承っております。

刷色で封筒の印象がガラッと変わりますよ。

※【種類:カラー封筒(グリーン)、刷色:緑系】

 

 

5、料金後納郵便マークを印刷した封筒をご紹介

長3封筒

封筒を発送するには、

そのサイズや重量にあった切手を貼る作業が必要です。

ですが一度に大量に発送するとなると気が遠くなりますね。

そこでごしていただきたいのが、

料金後納郵便マークの印刷でございます。

こちらは1ヶ月の郵便物の料金を、

翌月に一括払いできる郵便局のサービスでございます。

このマークを印刷しておくことで、切手貼りが不要になります。

まさに大量に発送する方にはうってつけですね。

封筒を作成する際は、こういったサービスもご利用くださいませ。

 

 

6、データ入稿不要で作成したパステル封筒をご紹介

長3封筒

会社情報が印刷されたシンプルな封筒を作成したい。

それならテンプレートからお好きなデザインを選択して封筒を作成する

名入れ封筒はいかがでしょうか。

サイズや紙色、刷色、テープ加工の有無等も選択可能ですし、

印刷する会社情報も書体や項目、印刷位置も自由に設定できます。

サクサクとデータ入稿不要で封筒が注文できちゃうなんて便利ですよね。

どなた様でも簡単に社名入り封筒が作成できます。

初めて封筒作成をされる方でも、

たった20分程度で見積もりから注文まで完了いたしますよ。

※【種類:パステル封筒(ミズ)、刷色:スミ】

 

 

7、ロゴ印刷を追加したパステル封筒をご紹介

長3封筒

こちらはテンプレートからお気に入りのデザインを選んで、

会社情報を入力し作成した封筒でございます。

社名や住所、電話番号といった基本的なものを印刷できるのはもちろんですが、

なんとここにロゴも追加印刷できちゃうんです。

実は、ロゴ印刷したとしても追加料金は発生いたしませんし、

大きさや位置も自由に設定可能です。

※ロゴデータのご入稿は必要です。

オリジナル封筒作成でなくても、

ロゴ&社名入り封筒が作成できるなんてお得ですね。

※【種類:パステル封筒(クリーム)、刷色:DIC234】

 

 

8、アドヘア糊加工ありのクラフト封筒をご紹介

長3封筒

こちらの封筒、アドヘア糊加工を行なっております。

アドヘア糊加工は、

ふた裏とふたを折り返した時に重なる本体部分の両方に

ゴム糊を帯状に敷く加工のことでございます。

軽く押さえるだけで簡単に糊付けができ、

作業効率が格段にアップ!

余計な糊が付いて封筒を汚してしまう心配もありませんね。

ワンタッチで糊付けが完了する、

大変便利なオプション加工でございます。

糊の効果は、通常の気温・屋内での保管で概ね半年程度となります。

ご注文の際は、発注数量にお気をつけくださいませ。

※【種類:クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

9、不透明度99%の透けない封筒をご紹介

長3封筒

個人情報が記載された書類を発送する際に最も重要なのは、

その情報が漏れないことですよね。

二重封筒にする?カラー封筒を使用する?

いえいえ、この透けない封筒を使用すれば一気に解決です。

封筒自体に特殊加工を施してありますので、

紙色が白でもパステル系で安心して封入可能でございます。

見た目はなんてことないだたの封筒ですが、

実は不透明度99%のすごい封筒なんですよ。

請求書、領収書、履歴書、契約書など、

個人情報を頻繁に取り扱う方にはご検討いただきたい封筒でございます。

※【種類:透けない封筒(ホワイトパステル)、刷色:緑系】

 

 

10、料金後納郵便マークを印刷したクラフト封筒をご紹介

長3封筒

こちらの封筒、左上に料金後納郵便マークが印刷されております。

こういった印刷がされた封筒が既製品でそもそもある?

いいえ、既製品にはそういったものはございません。

そう、この料金後納郵便も、

会社情報と同じように無地の封筒に印刷したものになります。

ただの無地の封筒も、完全データ入稿で、

あっという間に料金後納郵便マーク付きの封筒に早変わりというわけです。

もちろん、料金後納郵便を印刷したとしても、

刷色がスミ1色のままですので、追加料金は必要ありませんよ。

※【種類:クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

この記事を読んだ方にオススメ