【定番】長3窓付封筒ってどんな封筒?②

【定番】A4三つ折りがすっぽり入る長3封筒(窓付)

 

 

窓付長3封筒ってどんな封筒?

 

タテ235mm×ヨコ120mmのサイズの封筒。

(窓サイズ:45mm×90mm。)

A4用紙(297mm×210mm)の三つ折りがすっぽり入るサイズでございます。

ハガキや写真を折り曲げずにそのまま入れることもできます。

請求書やダイレクトメールの送付など幅広くご使用いただける定番封筒です。

 

 

1、可愛いイラスト入りの窓付クラフト封筒をご紹介

長3窓付封筒

イラストを入れることで、文字で説明するよりも簡単に、

どんな事業内容の会社なのかが伝わりやすくなるというもの。

そんなアピール力の強いイラストを小さいく印刷するのはもったいと思いませんか。

こちらの封筒、思いっきり大きくイラストを印刷することで、

より印象に残る封筒になりました。

イラスト付きの封筒も完全データ入稿で作成可能でございます。

同じスミ1色刷りでも、イラスト一つでグッと印象が異なる封筒が出来上がりますよ。

※【種類:窓付クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

2、可愛い料金後納郵便マークの窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

料金を一括分一括で支払いできて、切手を貼る手間が省けて、

発送業務をスムーズに行うことができる便利な料金後納郵便マーク。

こちらの封筒でいうと、左上の四角いマークがそれにあたります。

このマークですが枠の下2分の1には差出人の業務を示す広告や地図、

文字等を印刷してもOKになっているんです。

つまりちょっとした宣伝スペースとして活用可能だということ。

作業の玉が省けるうえに、広告も印刷できる、

一石二鳥の料金後納郵便マークをぜひどうぞ。

※【種類:窓付パステル封筒(ピンク)、刷色:DIC435】

 

 

3、組み合わせ無限大の窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

2本の飾り線に、会社情報がゴシック体で印刷されたこちらの封筒、

実はデータ入稿で作成されたものではありません。

こちらは大好評のテンプレートを使用した名入れ封筒でございます。

印刷する封筒自体から印刷内容に至るまで、

全て順番に選択・決定していくだけととっても簡単!

選択肢も幅広くご用意しておりますので、

どれか一つでも違うだけで、印象の異なる封筒が仕上がります。

封筒作成って何から始めるの?とお思いの方、

まずはこの方法でどんなものかお試しくださいませ。

※【種類:窓付パステル封筒(アクア)、刷色:スミ】

 

 

4、会社の雰囲気が伝わる窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

完全データでさえご入稿いただけましたら、

どんな封筒でも作成することが可能でございます。

こちらの封筒のように、眼鏡をかけたおじさんのイラストも問題ございません。

書類のみのやりとりだけだと、淡々とした関係性になってしまいがちですが、

こんなイラスト一つあるだけで、親近感や信頼感が湧きますね。

文字で長々と書くより、イラストの方が簡単に伝わったりします。

せっかくオリジナルで作成する封筒、会社の雰囲気が伝わるものにしたいですね。 

※【種類:窓付パステル封筒(ブルー)、刷色:スミ】

 

 

5、具体的な位置指示で作成した窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、印刷されているのは【親展】のみ、

シンプルで使い回しのきくデザインですね。

この2文字、印刷場所をご指定いただき作成したものなのですが、

データではなく、実際に2文字を当てはめた封筒をご郵送いただきました。

これなら印刷位置、文字の大きさ、書体等、

データはなくても確実に希望通りに仕上げられますね。

データは必ずしも必要なわけではございません。

どんなデザインの封筒にしたいか、それさえ把握できたら作成可能!

データがないからと諦める必要はありませんよ。

※【種類:窓付透けない封筒(パステルブルー)、刷色:スミ】

 

 

6、個人情報をしっかり保護できる透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

透けない封筒はその名前の通り、

中身が見えないように加工された封筒でございます。

その不透明度はなんと99%!

開封するまで封入した情報が外部に漏れることはありません。

紙自体に特殊加工されておりますので、

これまでは選択不可能だった白封筒やパステル系の封筒も選択可能となります。

こちらの封筒のように窓付にすれば使い勝手もよくなりますね。

もうカラー封筒を使用したり、二重封筒にする必要性もございません。

ぜひお好きな色味で封筒が作成できますよ。

※【種類:窓付透けない封筒(ケント)、刷色:スミ】

 

7、データを活かして封筒を作成した窓付クラフト封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、簡易書留封筒と請求書在中封筒として作成したのですが、

よく見ると会社情報部分は全く同じデザイン。

デザインを統一することで別データを用意する手間が省けますね。

封筒色も一緒、デザインもほぼ一緒だと

ぱっと見どっちがどっちの封筒?となりそうなところも、

窓下と窓左下といった具合に印刷位置を変えることで解決いたしました。

印刷位置を変えるだけで簡単に別物の封筒に仕上がります。

何種類もの専用封筒を作成したい方、こういった方法はいかがですか?

※【種類:窓付クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

8、刷色と紙色を同色系でまとめた窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

封筒を作成する上で重要なのが刷色問題!

スミ刷りが間違い無いのですが、ちょっと無難な仕上がりにになることも……。

こちらの封筒はパステルブルーの紙色に、群青の刷色で作成いたしました。

同色系でまとめたことで、双方がうまく馴染んで文字と封筒の一体感が増しますね。

同色系でも紙色より刷色の方が濃いければ、

印刷しても文字が見えにくいなんてことはございません。

ご不安な方は紙色、刷色ともにサンプルの取り寄せが可能ですので、

お気軽にお声がけください。

※【種類:窓付パステル封筒(ブルー)、刷色:群青】

 

 

9、テンプレートを使用して作成した窓付クラフト封筒をご紹介

長3窓付封筒

データを作成するのが難しいと躊躇されている方、

テンプレートから作成する方法はいかがでしょうか。

あらかじめデザインが決定していますので、デザインで悩む必要はございません。

文字の大きさや印刷位置も調整が可能になっており、

もう少し社名を大きくしたり、全体を左揃えにしたりも問題ありませんよ。

こちらの封筒のように、ロゴデータさえあれば、

添付するだけで簡単にロゴ印刷もできちゃいます。(※単色刷りに限る)

悩む時間が勿体無い!まずは軽い気持ちでお試しくださいませ。

※【種類:窓付クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

10、特色2色で仕上げた窓付白封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらはグレーの刷色、2色とも特色を使用して作成した封筒でございます。

安価のスミではなく、お値段の上がるグレーにすることで、

オレンジが映える仕上がりになっておりますね。

刷色の選択は案外難しいものです。

お値段重視でスミ刷りにするもよし、会社のイメージカラーに合わせるもよし、

フルカラーで見栄え抜群にするもよしでございます。

刷色に関しては、ご希望の方には色味確認用の特色チップをご用意いたします。

ぜひお手元でご確認の上、ご注文くださいませ。

※【種類:窓付白封筒(ケント)、刷色:DIC636、DIC551】

 

 

1、透けない加工がされた窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、封筒内側がグレーなのがお分かりでしょうか。

一見ただのパステル封筒のように見えますが、

実は特殊加工された用紙で作られた「透けない封筒」なんです。

紙自体に加工がされているので、

これまで透けるからと嫌煙されていたパステル系の紙色も選択できるようになりました。

透けない封筒を使用すれば、本当に開封されるまで、

誰にも情報を漏らすことなく届けることができますね。

不透明度99%を誇る透けない封筒、情報漏洩防止には最適な封筒ですよ。

※【種類:窓付透けない封筒(パステルクリーム)、刷色:スミ】

 

 

2、可愛いデザインの窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、料金別納郵便マークに印刷された

男の子のイラストがとっても可愛いですね。

料金別納郵便マークがあれば、一通一通切手を貼る手間が省けるため、

大量の発送物を出すのに大変便利でございます。

実はこのマーク、差出人の業務を示す広告を記載することが可能ですので、

こういったイラスト付きのマークにすることができるんですよ。

完全データ入稿なら、どんなデザインでも印刷可能です。

もちろん、料金別納郵便マークも例外ではありませんよ!

※【種類:窓付パステル封筒(ブルー)、刷色:DIC641】

 

 

3、発送作業の効率化が狙える窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

窓付封筒の最大のメリットは、宛名書きする必要がないため、

時間や手間、コストを削減できる点であります。

また封入した書類=宛名になりますので、入れ間違いが発生せず、

情報漏洩防止が可能になりますし、発送情報が封筒内にあるため、

雨で宛名が潰れて読めないなんて状況も起こらないという

特典もついてまいります。

透けない封筒にすれば、さらに情報保護が強化できますね。

窓付&透けない封筒を使用するだけで、発送業務の負担が軽減され、

効率化につながりますよ。

※【種類:窓付透けない封筒(パステルグレー)、刷色:スミ】

 

 

4、現物を再現した窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、現物をお預かりしてデータを書き起こした

「そのまま封筒」でございます。

データ入稿はハードルが高くても、

使用中の封筒を郵送するだけなら難しいことはありませんね。

ご郵送後も書き起こしたデザインに問題がないかご確認いただくだけ。

もちろん、現物のデザインを完全再現することもできますし、

新情報に差し替えて新封筒として作成することも可能です。

(具体的な修正指示が必要となります)

簡単に使い慣れた封筒が増刷可能ですよ。

※【種類:窓付透けない封筒(パステルグリーン)、刷色:スミ】

 

 

5、ロゴ印刷を追加した窓付クラフト封筒をご紹介

長3窓付封筒

デザインを選択して会社情報を入力するだけで、社名入り封筒が作成できる名入れ封筒。

会社名や所在地、電話番号等を印刷できるのはもちろんですが、

ご希望の方にはなんと無料でロゴも追加印刷することができるようになっております。

その方法もロゴありをご選択後、

ファイル選択ボタンから印刷したいロゴデータを指定するだけ。

別途ロゴだけ入稿する手間もありません。

封筒選択→デザイン選択→会社情報入力→ご注文まで20分程度で終了です。

意外に封筒は簡単に作成できますよ。

※【種類:窓付クラフト封筒(クラフト)、刷色:スミ】

 

 

6、郵便スタンプを印刷した窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらは順番に選択していくだけで、

あっという間に社名入りの封筒が作成できる名入れ封筒でございます。

デザインはテンプレートを使用するので、

データ作成する手間も時間も省くことができます。

しかも、どの会社情報をどの位置にどんな書体で印刷するかも自由に設定可能!

さらにはロゴを追加したり、郵便スタンプ(=請求書在中)も無料で追加できるんですよ。

簡単に注文できるのに、アレンジし放題なんて、お得すぎませんか?

封筒作成の際は、ぜひこの方法もご検討くださいませ。

※【種類:窓付透けない封筒(グレー)、刷色:DIC644】

 

 

7、開封前に中身がわかる窓付透けない封筒をご紹介

長3窓付封筒

封をした封筒は、開封しない限りどんな書類が入っているか確認することはできません。

ですが書類の内容によっては、至急処理が必要なものもございますよね。

こちらの封筒は、チェックを入れることで、未開封の状態でも、

請求書か納品書か判断できるようになっております。

中身が判断できれば、開封後もスムーズな処理が可能になりますね。

透けない封筒を使用すれば、情報も保護できて一石二鳥です。

封筒に〇〇在中と印刷しておくだけで、効率アップにつながりますよ。

※【種類:窓付透けない封筒(パステルホワイト)、刷色:スミ】

 

 

8、印刷スペースを有効活用した窓付パステル封筒をご紹介

長3窓付封筒

封筒を印刷する際は宛名書きスペースが確保できているか確認しながら

データ作成をされるかと思います。

しかし、窓付封筒なら、宛名は封入する書類に印刷されますので、

宛名スペースが必要ございません。

ということは見えている範囲全てが印刷可能範囲ということ。

ですの、こちらの封筒のように、窓下には会社情報を横並びで、

窓右横にはロゴを封筒いっぱいに印刷することもできるんですよ。

印刷できる部分が広がれば、デザインの幅もぐっと広がりますね。

※【種類:窓付パステル封筒(ブルー)、刷色:スミ】

 

 

9、さまざまな在中封筒として使用可能な窓付カラー封筒をご紹介

長3窓付封筒

請求書発送する際、請求書在中と記載したりしますよね。

でも請求書在中封筒として作成してしまうと、請求書以外では使用できません。

そんな時はこちらの封筒のように、

〇〇書在中表記をたくさん印刷してはいかがでしょうか。

これならある時は請求書在中、またある時は見積書在中といった具合に

中身に応じた専用の封筒として使用することができますね。

1通りで複数の専用封筒の機能を備えることが可能になります。

手間も時間も費用も省ける使い勝手のいい封筒ですね。

※【種類:窓付カラー封筒(グリーン)、刷色:スミ】

 

 

10、茶色の刷色で作成した窓付クラフト封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒、茶封筒とも呼ばれるクラフト封筒でございます。

クラフト封筒はスミ刷りのシンプルな組み合わせで作成することが多いのですが、

こちらはあえて同じ茶系の刷色で作成いたしました。

紙色との相性もよく、目に優しい仕上がりとなりましたね。

基本的には紙色より刷色の方が濃いければ、刷色として使用可能でございます。

封筒の紙色・刷色ともにサンプルもご用意できますので、

色味な悩まれた際はお気軽にお声掛けくださいませ。

※【種類:窓付クラフト封筒(グリーン)、刷色:DIC310】

 

 

11、注意を引く工夫がされた窓付カラー封筒をご紹介

長3窓付封筒

こちらの封筒【至急開封】は赤字で、

【重要書類在中】はスミの太字で印刷されていますよね。

ついつい開封を後回しにしがちな封筒ですが、こんな表記があれば、すぐ内容確認しませんか?

濃いビビットな色合いのカラー封筒を使用していれば、

封筒自体も目立ちますので、見落とされるなんてこともありません。

目立つ色味の封筒で、目立つ文字を印刷すれば、

ぐっと認識されやすくなり、処理スピードも格段にアップすること間違いなしですよ。

※【種類:窓付カラー封筒(ブルー)、刷色:DIC565】

 

12、現物と刷色を合わせた窓付白封筒をご紹介

長3窓付封筒

刷色に関しては認識ズレを防止するために、DIC番号でご指定いただいております。

ですが、『他の封筒の色味と合わせたいけど、 DIC番号は分からない』

そんな方もいらっしゃるはず!

そんな場合は見本となる色をご郵送くださいませ。

色味を確認し調色いたしますので、確実にご希望の色味で封筒が作成できますよ。

DIC番号が不明でも、色の再現は可能でございます。

無理にDIC番号でご指定いただく必要はありませんよ。

ぜひDIC番号にこだわらず、お好きな色で封筒を作成してみてはいかがでしょうか。

※【種類:窓付白封筒(ケント)、刷色:青・見本色】

この記事を読んだ方にオススメ