【定番】長4封筒ってどんな封筒?

【定番サイズ】長4封筒をご紹介

 

長4封筒ってどんな封筒?

タテ205mm×ヨコ90mmサイズの封筒。

B5三つ折り・四つ折り、A4四つ折りに対応しているので、

書類やダイレクトメール送付に大変便利でございます。

 

 

書類の封入に便利な長4封筒をご紹介

長4封筒

書類>封筒の場合は、書類を折りたたむ必要性がありますよね。

ビシッと等分に折られた書類は、相手にとって読みやすく、

心象もそれだけでアップするというもの。

ですが、一回できっちり三つ折りにするのって案外難しくないですか?

そんな時に活躍するのがこの長4封筒!

A4サイズの書類なら四つ折りに対応しているので、

横に半分に折ってさらに横に半分に折るだけで、

【誰でも、簡単に、手間なく、綺麗に】封入準備が完了です。

三つ折りに比べて折り線は1本増えてしますが、

不揃いの三つ折りよりは好印象ですよね。

※【種類:クラフト封筒、刷色:スミ】

 

 

裏面印刷したクラフト封筒をご紹介

長4封筒

封筒印刷が可能なのは表面だけじゃない!

裏面も表面同様、印刷が可能でございます。

裏面印刷でよくご依頼いただくのが、差出人名の印刷。

いくら注意を払っていても、

手書きにすると斜めになったり、書き損じたり……。

社判を押すにしても、カスれたりズレたりする可能性だってあります。

この状態で発送するのは相手様に対してちょっと失礼にあたります。

だったら初めから封筒に印刷してしまえばいいんです。

印刷ならミスなく、まっすく綺麗な差出人名に仕上がります。

もちろん、印刷なので書体や大きさも自由に設定可能!

可愛い感じにも、誠実な感じにも仕上げることができます。

何らかついでにロゴも印刷を使いするのもアリですよね。

※【種類:クラフト封筒、刷色:スミ】

 

 

中身がわかる便利なパステル封筒をご紹介

長4封筒

封筒に封入された書類って、

当然ながら開封しない限りどんなものか確認できませんよね。

でも案外開封作業ってついつい後回しにしてしまいがちです。

だったら、開封前にどんな書類か判断できればいいと思いませんか?

こちらの封筒、納品書在中・請求書在中と封入物に応じてチェックが

入れられるようなデザインになっております。

これなら開封しなくても封入物が判断できるので、

スムーズに担当部署でしかるべき処理を行うことがことができますね。

ちょっとデザインに追加するだけで、事前に封入物が確認できる

専用封筒に仕上がりますよ。

※【種類:窓付パステル封筒(グレー)、刷色:スミ】

 

 

クラフト封筒を使用した返信用封筒をご紹介

長4封筒

書類を返信する場合、封筒を用意して、重さに応じた切手を貼る必要性があります。

ですがこの作業、地味に面倒くさく、

よっぽど重要な書類でなければ、わざわざ返送しなかったり……。

とはいえ、アンケート用紙の回収や、出欠確認、通販の申し込み等は、

お客様からの意見が直接把握できる貴重なデータ、

できるだけ回収して、改善や新商品開発につなげたいですよね。

そんな時に使用したいのがこういった返信用封筒。

料金受取人払郵便マークも印刷しておけば、切手は不要、

回収できた分だけ料金を支払えばいいので、経費削減にもなりますよ。

返信用封筒を同梱して回収率アップを狙いませんか?

※【種類:クラフト封筒、刷色:スミ】

 

 

B5四つ折り対応の窓付封筒をご紹介

長4封筒

封筒を発送する際、宛名書き切手貼り、封かんと並んで、

「封筒サイズに書類を折る」作業も必要になってきます。

書類を封筒サイズにする場合、三つ折りにされる方も多いかと思いますが、

これがなかなかに難しい作業だったりしませんか。

1回でビシッと等分できていないと、

シワだらけのよれっとした書類になってしまいます。

そこでオススメしたいのが、この長4封筒。

実はこの封筒、B5用紙の十字折り、A4用紙の横四つ折りに対応しているんですよ。 

これなら誰でも簡単に封筒サイズにすることができますね。

窓付封筒にすれば、宛名書きも省略できるので、一石二鳥!

効率アップが図れますよ。

※【種類:窓付パステル封筒(グリーン)、刷色:フルカラー】

 

 

情報量満載のクラフト封筒をご紹介

長4封筒

こちらは、茶封筒とも呼ばれる、

クラフト封筒に黒の単色刷りの封筒でございます。

確かに仕様としたは大変シンプルですが、

すごいのがそこに印刷された情報量!

会社様名、ご住所、電話・FAX番号、メールアドレス、

URL、取扱商品、年月日記入欄、さらにはロゴまで入っております。

会社様名にいたっては、特徴的な書体になっていますね。

情報量満載にもかかわらず、囲み枠でひとくくりにし、

文字の大きさや太さに変化をつけ、ラインを引くことで、

詰め詰め感もなく、読みやすいデザインにまとまっています。

シンプルな仕様でもデザイン次第で、どんな封筒にも仕上がりますよ。

※【種類:クラフト封筒、刷色:スミ】

 

 

データ入稿不要で作成したクラフト封筒をご紹介

長4封筒

封筒はデータ入稿いただいたデザインで印刷いたします。

ということはデータがなければ封筒は作成できない?

いいえ、そんなことありません。

テンプレートからお好みのデザインを選択して作成することも可能でございます。

封筒下部にぎゅっと名入れ情報を固めたテンプレートを使用して作成したため、

長4封筒とちょっと幅が狭い封筒サイズにも関わらず、

宛名書き部分を広く確保でき、圧迫感なく記入することができそうですね。

名入れ封筒はデザインはもちろん仕様や書体、印刷する項目や位置までも

自由に設定可能となっております。

何をどこにどう印刷・配置するのか、まさに腕の見せ所ですね。

※【種類:クラフト封筒、刷色:スミ】

 

 

同じデザインでサイズ違いで作成した封筒をご紹介

長4封筒

こちらの封筒、サイズは違うものの、

全く同じデザインで作成されているのがお分かりでしょうか。

封筒ごとにそれぞれ専用のデータを作成するとなると、

当然時間も手間もかかってしまいます。

ですが、共通データを封筒サイズに合わせて、

拡大・縮小のサイズ調整をするだけなら簡単に何種類も作成できますよね。

調整に関しましては、封筒ごとに調整したデータをご入稿いただいても、

弊社に調整を丸投げしていただいても作成可能でございます。

※調整の場合は、調整費が必要です。

共通データを使用すれば、統一感が生まれ、

あの会社からの封筒だと認識されやすくなりますよ。

※【種類:パステル封筒(ピンク・角2、長3、長4)、刷色:スミ】

 

 

字体が特徴的なパステル封筒をご紹介

長4封筒

こちらの封筒、社名部分が特徴的な書体ですよね。

完全データ入稿なら、こんな可愛い袋文字も印刷可能でございます。

データ作成の際には、印刷不可能範囲やご注意点を明記した

入稿用テンプレートをご用意しておりますので、ご活用いただければと思います。

またご入稿に関しましても、必ずアウトラインをかけていただき、

ロゴやイラストがある場合にはくれぐれもリンク切れにご注意を!

データ入稿の詳細な諸注意に関しましては、

【データ入稿の手引き】をご参照くださいませ。

完全データ入稿なら特殊な書体、ロゴ、画像データ、

どんな封筒も思いのまま作成できますよ。

※【種類:窓付パステル封筒(グリーン)、刷色:スミ】

この記事を読んだ方にオススメ