ログイン

新規会員登録

お問い合せはこちらから

カートを見る

優しく温かい手触りの上品な洋長3封筒【Royal Garden様】

今回は、優しい風合いの上品な白封筒をご紹介します。

 

当見本は、ご結婚式場のもの。まるで純白のドレスを着た花嫁さんのような、温かみのある白封筒です。しかも厚手なので、上質で高級感があります。

 

手触りも画用紙のような感触で、手によく馴染みます。何を隠そう、この封筒自身、コットン(木綿)をイメージした名称がつけられているんですよ。サテンのようなツルツルてかてかした生地より、絹や木綿の天然繊維のほうが、触ったときに冷たくなく、あったかい感じがしますよね。

 

紙(パルプ)も、布地も、繊維を絡め合わせてシート状にするという点では、共通のものがあるように思います。

 

さらにこのタイプの洋型封筒のメリットを詳しく見ていきましょう。

 

貼り方は、長いほうの辺にフタがくる「カマス貼り」という形式で、開封口が広くなるので中身が取り出しやすいメリットがあります。ふたの紙端には、濡らして圧着させる「アラビア糊」が塗布されています。封緘する際には、5~10枚程度を少しずつずらして水で濡らした刷毛などで撫で、順番に折りたためば効率よく封緘できます。

 

紙質が厚手のため、糊部分を水で濡らしても、紙はふやけずにピシッと糊付けされます(あまりにも極端に濡らしてしまうと、この限りではありませんのであしからず)。

 

郵便番号枠の印刷が入っていない点も、この封筒の長所を際立たせる一つと言えるかと思います。赤い郵便枠があると、少し「事務用品」的に見えてしまいますが、この枠がないおかげで、白封筒のすっきりした余白感が広がり、手渡し用にも郵送用にも使えて汎用性が高くなります。

 

また、印刷内容についても、控えめながら、しゃれた書体とロゴに限定することで、宛名面が広々と自由に使えます。

 

切手枠も郵便番号枠も、宛名書き用の罫線も、印刷されていないという「引き算」が奏功しています。

 

シンプルな封筒でも、さりげなく、柔らかな心和む雰囲気を醸し出せ、会社の信頼性もUPすること必定です。

 

長3封筒の印刷もe封筒.comにぜひお任せください。

タグ